新型コロナウィルスの影響により2020年4月に補正予算が成立しました。
そのおかげで私たち国民1人1人に10万円がもらえることとなりました。

「10万円一律給付」の写真

どうやって申請するの?
誰がもらえるの?
と不安になっているあなた!


私がお答えしましょう

「エプロン姿でいいねする女性(屋外)」の写真[モデル:yumiko]


今回は給付金が貰える対象者と申請方法をわかりやすく解説します。



給付金の対象

まず、どのような人たちがもらえるのか?
特別定額給付金の10万円がもらえる対象となる人は

2020年4月27日時点で住民基本台帳に記録されている人、言ってみれば住民票が存在する全ての人です。

「私年金暮らしだからもらえないわ~」とか

「私の子はまだ小さいからもらえないんじゃ・・・」とか

心配されている方ご安心ください。

2020年4月27日時点で住民票が存在しているすべての人が受け取り可能な対象者となります。

「嬉しい反応がよくわかる会社員」の写真[モデル:大川竜弥]


ほぼすべての人が対象と言ってもいいかもしれませんね。
条件が厳しすぎてほとんどの人がもらえない1世帯あたり30万円の給付金に比べたら大分ましになったと言えるでしょう。


申請方法について



次に申請方法ですが、申請方法には

郵送方式
オンライン方式

2パターンがありますのでそれぞれ紹介したいと思います。

郵送方式はその名の通り郵送で申請用紙で申し込むことができるので機械に弱い方でもスムーズに申し込みができます。

市町村から特別定額給付金の申請書類が届きます。
住民票所在の世帯主宛に給付対象者の申請書が届くようになっています。
いつ送られてくるの?ということですが、


各市町村によってバラバラなので
これは総務省のホームページに日程が書かれていたり、
住民票所在の市町村にお問い合わせすると良いでしょう。

「郵便ポストと紫の紫陽花」の写真

申請方法ですが、

Step1

申請書の振込先口座欄に振込先口座をご記入してください。

申請書の振込先口座欄 表
申請書の振込先口座欄 裏

Step2

振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しを準備してください。

本人確認書類はマイナンバーカード、運転免許証、健康保険証の写し

金融機関名、口座番号、口座名義人がわかる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し

Step3

申請書と振込先口座確認書類、本人確認書類の3点を住民所在の各市町村へ郵送してください。

以上が郵送方法の申請です。
ネットに自信のない方や、申請までお金に余裕のある方などにはお勧めです。

次にオンライン方式を説明したいと思います。

「Applepencilを使いこなすブロガー」の写真

オンラインのメリットは郵送方法よりもスピーディに対応が可能です。
もうすでに申請が始まっている地域もありますが、ネットで申請ができるので郵送よりも断然早いです。


しかし、マイナンバーカードやICカードリーダーを持っていないと申し込みができません。

※マイナンバーカードも通知カードではないので気を付けてください。

ICカードリーダーはネットでも売ってはいますが、最近では転売屋の新しい標的になっているらしいので、無理して高く買うくらいでしたら郵送を待つ方をお勧めします。


次はオンライン申し込みのやり方です。

オンライン申請を行う前に用意するものがあります。

・申請者である世帯主のマイナンバーカード

・マイナンバーカードを読み取り対応できるスマホもしくはパソコン

・ICカードリーダ

・振込先口座の確認書類

・マイナンバーカードの受け取り時に設定した暗証番号

以上となります。

次に申請方法ですが、

step1
マイナポータルAPのインストール

マイナポータルへアクセスします。

マイナポータルで申請します。


step2
お住まいの市区町村を選択します。

特別定額給付金の申請を選択します。


step3
名前や生年月日などの必要事項を入力します。

振込先口座の確認書類をアップロードします。


最後に電子署名を付与して送信するだけ!

これでオンラインの申請が完了し、給付対象者1人につき10万円がご指定された銀行口座に振り込まれます。

支給日については住民票所在の各市区町村へお問い合わせください。



まとめ

郵送⇒機械操作が苦手でお金にまだ余裕がある人にオススメ

オンライン⇒ネットで申請が得意でICカードリーダーを持っている人


いかがだったでしょうか??
みなさん自分に合った方法で是非とも給付金を受け取ってくださいね。

最後に、この手の給付金がある時は詐欺なども横行します。
今すぐお金が手に入るなどの甘い言葉で誘惑してくるはずですが、
簡単にお金が入ることは絶対にありません。

なので少しでもおかしいと思ったら市町村の役所か警察に連絡して未然に防ぎましょう。

「絶対ダメ」の写真[モデル:大川竜弥]

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です